連合は、新型コロナウイルス感染症がまたもや拡大する傾向にある中、当面の課題に関する情報共有と今後の取り組みの意思統一を図るため、4月13日(火)午後に第5回中央執行委員会をweb併用で開催しました。

また、中執後には連合との意見交換会(連合の総対話活動)を行い、連合から相原事務局長をはじめ5名が出席し、国公連合中央執行委員会のメンバー(一部リモート)と、①連合本部からの提起「with・after コロナを見据えた連合運動について」、②国公連合からの提起「財政審制度移行に向けた課題について」の2つのテーマに関する説明を受け、その後意見交換を行いました。

意見交換会のようす(正面・連合の出席者)
終了後の集合写真